1. ミルクカフェ
  2. 河合塾掲示板
  3. スレッド一覧
  4. 予備校講師天国すぎワロタwww

予備校講師天国すぎワロタwww

スポンサードリンク
1 名前:中島義道 ◆m.ClQ03k [2010/03/13(土) 12:10 ID:rj5PNqA.]
後に再入学して修士論文を書き、30歳のとき大学院を追い出された私は、
やや落ち着いていた。もう会社巡りをしようとは思わなかった。
もうどの会社も採用してくれないだろうと思って、安心したこともある。
そして、お決まりのコースで予備校講師と塾講師に納まった―

新聞広告を頼って近所の塾に行った。入社試験を受けたところ、成績が良かったので、
中堅予備校に紹介してくれるという。とても嬉しかった。
その結果、自由が丘と横浜の予備校の英語教師の職を得た。
これが私の「三十にして立つ」姿である。(孔子『論語』)

予備校講師は当時の私にとっては、これ以上無い程ぴったりしていた職業だった。
布団の中であれ程求めていた「美しい敗者」として生きる願いが私の体の中に沈殿し、
その職業を探り当てたのかもしれない。

授業の時だけ出勤すればいい時間講師なのだから、新入社員研修もなく、
同僚もひねた人が多く、みな何らかの敗者であって、しかもエリート集団から外れた
知的人種であり、「暗さ」も適当にある、ひとまず満足だったよ。

そこで、私は初めて呼吸がぴったりした人種に出会った。
予備校の授業を終えて毎晩のように、横浜や自由が丘を飲み歩いたもんだ。
世間を軽蔑し、お互い同士を軽蔑し、そんな自分を一番軽蔑し、
という自嘲的雰囲気が立ち込めており、居心地が良かった。

しかし、実はそういう彼らも自分も、仲間の誰かに大学から声がかかると色めき立つ。
平静ではいられないのだ。こうしたすね者の誰もが、大学の常勤の職が降ってきたら、
はいはいと予備校講師なんておさらばしてしまうだろう、という実感もあった。
その欺瞞性にちくちく痛みながらも、どうにか豪快に生きていこうとしたわけさ。
2 名前:名無しさんを押してくれる風がある [2010/03/13(土) 12:11 ID:rj5PNqA.]
例えば、「予備校講師」につける枕詞や縁語は「恥ずかしい」がいいなんて言いだして、
私は短歌の会なんか催したよ。秀作を二点ほど。
”恥ずかしの 予備校講師 バカ親子から 金を巻上げ 反省もせず”
”たらちねの 母を間近に 背を屈め 予備校講師 今日も恥ずかし”

当時の私は三十代の初めだったが、こうした偏屈的態度で全ての真面目なことを笑い飛ばす。
金は学生の親からぶんどって、しかも俺はワルだと毎日自分に言い聞かせて、
世の中の深刻なこと真面目な事件など何処吹く風、そうしながら「世の不条理」を考え続ける。

かなりの収入があり(予備校講師はの年収はマジで凄まじい。時給の桁が違う。
そこら辺に転がってるゴロツキのフリーターが死に物狂いで働いても追いつかないよ)、
しかも親元にいたから、今言うところのパラサイト・シングルというわけで、
生活は豊かだった。大した容貌でもないのにファッションに凝り、
レコードや本を買い漁り、自分の部屋は隅々まで趣味豊かにし…という具合に、
どこまでも物質的豊かさを追求する。

夏は炎天下七里ヶ丘浜に出て、独りで甲羅干しをする。浜の砕け散る音を聞きながら考える。
「ああ、何て美しい生活なんだ! ムルソーみたいだ!」
女性問題もちらほらあったが、相手が真剣になると逃げてしまう。追いかけられ始めると怯んでしまう。
面白いことに、三十歳を過ぎたこの頃だよ、私が少しはモテるようになったのは。
自分の生き方に自信を持ち始めたからだろうね。

しかも、私は彼女達と適当に付き合って、彼女達の好意を適当に利用して、誰も真剣に愛さなかった。
とにかく軽薄に軽薄に生き抜こうと決心していたんだ。
3 名前:名無しさんを押してくれる風がある [2010/03/13(土) 12:12 ID:rj5PNqA.]
もっとも、肝心の予備校講師としての実力と人気は最低だった。
いつも夏休みが終わり秋風が吹く頃になると、私の教室から生徒が次々に抜け出して
他の教室に移ってしまい、空っぽになることさえあった。
教室に入る…誰もいない…隣の部屋から歓声が聞こえる…

そのうち、こういうことが重なって、ついに大学受験コースから外されてしまい、
中学生相手の教師に降格させられた。そのうえ、私がその予備校に紹介した男に
忽ち時給で追い抜かれてしまい、彼は大学受験の人気英語講師として活躍し出した。
まぁ、残酷至極な世界だよ。

それでも、私は絶対的にくずおれることはなかった。
”それは予備校講師という職業を尊重していなかったからであり、
こんな俗に塗れた職業に適性がないことは反って美しい”と居直っていたからさ。
だが、そんな奇麗事ばかり言ってはいられない。
私は次第に首を切られるかもしれないと恐れるようになった。

そこで私は、もう一度格闘するために、予備校講師を辞め、
そしてウィーンに飛んだ―
4 名前:名無しさんを押してくれる風がある [2010/03/13(土) 18:12 ID:Ui-vWfAU/yo]
糞スレ終了
5 名前:名無しさんを押してくれる風がある [2010/03/14(日) 11:38 ID:0etUzXqo]
中島義道『働くことがイヤな人のための本』(新潮文庫)

他にも、社会正義について、偽善について、色々と書かれている。
おまいらこのまま逝けば人生オワリwww
社会がどれほど不条理で残酷でペテン師だらけの世界かまるで判っちゃいない。
大学生活始める前にこの本でも読んで、自分の人生よぉく見つめ直すべきだ。

大学卒業してから、「経済学部じゃなくて文学部にしとけば良かった」
「医学部じゃなくて理学部にしとけば良かった」なんて嘆いたってもう遅い。
青年時代は二度と訪れない。岐路変更するなら今のうちだぜw
大学入ったら、後は基本的に自由裁量で、授業は何取ろうが自由。
学部はあんまし関係ないから、おそらくこれが最後のチャンス。
大学で何の授業を取るか…これで人生の岐路が殆ど決まる。
6 名前:名無しさんを押してくれる風がある [2010/03/14(日) 22:49 ID:Ui-Isa3dz6Y]
糞スレ終了
7 名前:Sun [2010/03/20(土) 12:38 ID:gIChClzs]
みんなマジメすぎ。
人生疲れちゃうよ。もっとリラックスして。
8 名前:名無しさんを押してくれる風がある [2010/04/29(木) 00:54 ID:cE5GswDk]
http://www.asahi.com/national/update/0428/TKY201004280376.html

しかし、高裁まではコマ減で勝訴できたんだなあw
スポンサードリンク



書き込みをするには、注意書きをよく読んでからにしてください

名前: コマンド: 上にあげない

[各項目の説明] スレッドの容量 5 KB
  • hatenahatena
  • livedoorクリップ
  • yahooブックマーク
  • choix
  • iza
  • newsing
  • ニフティ
  • del.icio.us
  • POOKMARK
  • Saaf
  • Buzzurl
  • fc2
河合塾掲示板の最新スレッド20